• HOME
  • 事務所案内
  • 業務案内
  • よくある質問
  • お問い合わせ


「男性育休」新制度創設へ議論

厚生労働相の諮問機関・労働政策審議会の分科会は29日、妻が出産した直後の男性を対象とした新たな休業制度の創設に向けた議論を始めた。年内にも概要をとりまとめ、来年の通常国会に育児・介護休業法などの改正案提出を目指す。現在、男性は原則、子供が生まれてから1歳になるまで育休を取得できるが、昨年度の男性の育休取得率は7.48%にとどまっている。

記事の種類:未分類


ページの先頭へ