• HOME
  • 事務所案内
  • 業務案内
  • よくある質問
  • お問い合わせ


「裁量労働制の違法適用で社名公表」厚労省が新制度創設

厚生労働省は、裁量労働制を違法適用している企業の社名を公表する制度を新設する方針を固めた。複数の事業場を持つ大企業を対象として、(1)裁量労働制を適用する社員の3分の2以上が制度の対象外の業務に従事しており、(2)その半数以上が違法な時間外労働を行っているなど複数の条件を設け、すべてに当てはまる事業場が複数見つかった場合に社名を公表する。1月中にも運用を始める。

記事の種類:未分類


ページの先頭へ