• HOME
  • 事務所案内
  • 業務案内
  • よくある質問
  • お問い合わせ


パタハラ経験、4人に1人 経験者の4割が育休取得を諦める

過去5年間に勤務先で育児に関する制度を利用しようとした男性の26.2%が、パタニティーハラスメント(パタハラ)を受けた経験があることが、厚生労働省の調査でわかった。内容としては、育休制度などを利用させなかったり利用を邪魔したりする言動のほか、人事考課での不利益な評価やほのめかしなどが目立ち、そのために育休制度の利用を諦めた人は42.7%いた。

記事の種類:未分類


ページの先頭へ