• HOME
  • 事務所案内
  • 業務案内
  • よくある質問
  • お問い合わせ


パートへの適用拡大、今国会で成立へ 年金改革法案が衆院通過

パートなど短時間労働者への厚生年金の適用拡大を柱とする年金改革関連法案が、衆院本会議で可決された。現在、「従業員数501人以上」の規模の企業に厚生年金加入義務があるが、これを段階的に引き下げ、2022年10月に「同101人以上」、24年10月に「同51人以上」に拡大する。参院での審議を経て、今国会で成立する見通し。同法案には、このほか、在職老齢年金制度について減額基準を引き上げるなど、高齢期就労を後押しする内容も盛り込まれている。

記事の種類:未分類


ページの先頭へ