• HOME
  • 事務所案内
  • 業務案内
  • よくある質問
  • お問い合わせ


一定台数以上の白ナンバーを保有する事業者にもアルコール検査義務付け

警察庁は4日、来年10月1日より、自社製品の配送などで「白ナンバー」の車を一定台数以上使用する事業者に対して、アルコール探知機による酒気帯び確認を義務づけると発表した。当初の予定では来年4月からの実施であったが、事業者等から準備が間に合わないとの意見が寄せられたことから、10月に変更となった。

記事の種類:未分類


ページの先頭へ