• HOME
  • 事務所案内
  • 業務案内
  • よくある質問
  • お問い合わせ


国民健康保険料 上限額引上げへ

厚生労働省は、国民健康保険の保険料の年間上限額を来年度から3万円引き上げ、年額102万円とする方針を明らかにした。引上げの対象となるのは単身で年収約1,140万円以上の世帯(現在は1,100万円以上)。引上げ分は医療費の増大に充てる。また、75歳以上が加入する後期高齢者医療保険の保険料上限についても、現行の年64万円から2万円引き上げる案を示している。

記事の種類:未分類


ページの先頭へ