• HOME
  • 事務所案内
  • 業務案内
  • よくある質問
  • お問い合わせ


最低賃金額28円増で過去最大

厚労省は、都道府県の最低賃金(時給)の改定額を発表した。改定後の全国平均は、昨年比較で28円増の930円。昨年はコロナ禍の影響で据え置きか最大3円増にとどまっていたが、今年は過去最大の引上げ幅となった。新最低賃金は、10月上旬より適用される予定。

記事の種類:未分類


ページの先頭へ