• HOME
  • 事務所案内
  • 業務案内
  • よくある質問
  • お問い合わせ


確定拠出年金 65歳まで延長を検討

厚生労働省は、原則60歳までとなっている確定拠出年金の加入期間を65歳まで延長することを検討していることを明らかにした。60歳を超えても働き続ける人が増えているため、老後の備えを手厚くできるようにするのが狙い。2020年の通常国会に確定拠出年金法の改正案を提出する方針。

記事の種類:未分類


ページの先頭へ