• HOME
  • 事務所案内
  • 業務案内
  • よくある質問
  • お問い合わせ


精神障害の労災認定基準に「パワハラ」新設~6月改正法施行に合わせ

厚生労働省は、精神障害の労災認定基準に「パワーハラスメント」を加える。上司などから身体的・精神的攻撃を受けたことが原因で精神障害を発症した場合を想定。企業にパワハラ防止を義務付ける改正労働施策総合推進法が6月に施行されることを踏まえた対応で、6月1日からの適用を目指す。これまでの労災認定基準にはパワハラの項目がなく、「(ひどい)嫌がらせやいじめ、暴行」に当たるかどうかで判断していた。

記事の種類:未分類


ページの先頭へ